お問合せサイトマップHOME

社団法人大田市医師会タイトルバナ

 

大田市内の病院を探す

病医院検索

地域から調べる

50音順で調べる

診療科で調べる

 

大田市医師会について

医師会概要

代表あいさつ

医師会活動

 

お役立ち医療・健康情報集

感染症情報

定期健診・予防接種

介護・福祉

乳幼児・母子保健

その他

大田准看護学校

個人情報保護方針

最新情報一覧

リンク集


一般社団法人
大田市医師会

〒694-0064

島根県大田市大田町大田ハ165

TEL 0854-82-1080

FAX 0854-82-7610

お役立ち医療・健康情報集

 

 

【花粉症】

花粉症は、I型アレルギーの分類される疾患のひとつで、植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされるくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴で、枯草熱(こそうねつ)とも呼ばれています。

 

その症状のうち、鼻にかぎって起こるものをアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)といい、花粉の飛散期に一致して症状が起こるため、季節性アレルギー性鼻炎に分類され、その代表的なものとなっています。目のかゆみや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎に分類されます。

 

スギ花粉症といえば、今や国民病とまで言われていますが、意外なことに戦後に始めて報告された新しい病気です。日本においては、1960年代に次々と報告されたブタクサ、カモガヤ、スギ、ヨモギなどによるものが花粉症の始まりですが、正確な出現時期は特定されていません。原則的に自然治癒は期待できないため、毎年のように患者数は累積しています。

 

現在の日本では花粉症のうちのおよそ80%はスギ花粉症と言われ、単に花粉症と言った場合、スギ花粉症の事を指していることが多いようです。春先に多く花粉を飛散する植物の中にヒノキもありますが、特にスギ花粉症患者の7〜8割程度はヒノキ花粉にも反応すると報告されているため、スギ・ヒノキ花粉症と呼んだ方がよいとの指摘もあるようです。

 

顕微鏡で見たスギ花粉スギ花粉症の増加は、戦後、建材及び治水・治山の目的で大量植林されたスギが伐採されずに残り、1960年代後半から花粉生産力の強い開花適齢期を迎えたことが原因として考えられます。さらに、地球温暖化の影響も受け、春のスギ花粉飛散量が年々増え続けていることも一因として考えられます。また、排気ガスなどで汚染された大気中の多くの微粒子が抗体を産生しやすくし、花粉症の発生を促進しています。

 

環境の変化、たとえば、高タンパクや高脂肪の食生活を続けていたり、不規則な生活リズムやストレスの多い生活、住宅環境の変化なども花粉症増加の原因とも考えられています。住宅やオフィスの近代化に伴い、通気性の少ないダニ・カビの温床を作り出したことも、アレルギーを起こしやすくしているのです。

 

ページの上に戻る

 

■花粉症の症状■

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれています。ほかにも目の異物感や流涙、目やに、喉のかゆみや痛み、咳などもよく見られます。

 

風邪の症状によく似ていますが、風邪はウイルスによる感染症の一種で、発熱と喉の痛みを伴います。一方花粉症の場合は熱が出ることはほとんどありません。中には耳の奥のかゆみや、頭痛、微熱や倦怠感などの全身症状を呈する場合もあるようです。

 

これらの一連の症状から、睡眠不足、集中力の欠如、イライラ感、食欲不振等の二次的症状も生じてきたり、中には「うつ」などの心理的影響を呈する場合もあります。

 

 

■花粉症の原因■

前述のように、花粉症の多くはスギ花粉が原因ですが、季節によってもさまざまな植物によって引き起こされます。

 

ブタクサ:スギ・シラカバ・ハンノキ

:カモガヤなどのイネ科植物

:ブタクサ・ヨモギなどのキク科植物、カナムグラなどのクワ科植物

 

 

 

セイタカアワダチソウなお、セイタカアワダチソウ(セイタカアキノキリンソウ)の俗名がブタクサということもあり、ごく一部で混乱が生じています。実際、過去に花粉症の原因植物といわれたこともありましたが、セイタカアワダチソウは虫媒花のため、原則的に花粉を飛ばすことはありません。ただし、大群落を作ることが多く、こぼれた花粉が周辺に飛散することもあり、花粉症の原因ともなりうる上、キク科植物のためブタクサによる花粉症の人は注意が必要とされます。

 

■アレルゲン検査■

これらの原因花粉を突き止めるためには、アレルゲンの検査が必要です。身近にその植物があれば患者自身でもわかりやすいのですが、「皮膚反応検査」、「血中IgE検査」、「鼻粘膜誘発テスト」などによる検査を受けることで、正確なアレルゲンを調べることが可能です。

 

<皮膚反応検査>

皮膚にスギ、ダニ、ヨモギ、イネなど原因と考えられるアレルゲンのエキスで刺激し、その反応を見ます。15分程度で反応が出て、皮膚が赤く大きく腫れれば、それがアレルゲンとわかります。

皮内テスト

皮膚内にアレルゲンのエキスを注射する

スクラッチテスト

アレルゲンのエキスを皮膚にたらし、針で軽く引っかく

10〜15分後、反応が出るかどうかを見て、程度と大きさを調べる

反応が出た場合、そのアレルゲンに対するIgE抗体が存在すると診断される

 

<血中IgE検査>

血液検査で原因となるアレルゲンに対する抗体を明らかにするものです。

<鼻粘膜誘発テスト>

原因抗原を鼻の粘膜につけるとくしゃみ、鼻水、鼻づまりの反応が出ます。鼻鏡により粘膜のむくみと色を観察します。

<鼻汁の細胞検査>

清潔な綿棒を使って鼻汁を吸い取り、スライドガラスに擦り付け、エタノール液で固定後3分間染色し、水洗、乾燥などの作業工程を経て、鏡検し好酸球の存在を調べます。

<レントゲン写真による鼻の病気の検査>

 

ページの上に戻る

 

■治療法■

病院での検査で、アレルギーの原因になっている抗原(花粉)の種類が判明したら、自分の症状に合った治療を始めることです。治療には「予防的治療」、「対症療法」、「治癒をめざす治療」の3つがあります。


予防的治療とは、花粉の飛散が始まる少し前から治療を始め、そのままシーズン中も治療を続ける方法です。花粉症は、毎年ほぼ同じ時期に起きるので、早目に治療を始めましょう。


対症療法は花粉シーズンに入り、くしゃみ、鼻水、鼻づまリなどの症状がでたとき、その症状そのものを、やわらげる治療法です。予防的治療でも、対症療法でも、自分に適した治療薬を処方してもらうには、お医者さんの相談するほうがよいでしょう。市販の薬は、一般に副作用のないように、また誰にでも使えるように、薬の成分が配合されていて、量も少なめです。薬によっては、眠気などの副作用を起こす古いタイプの抗ヒスタミン剤が入っていることもありますので注意が必要です。


薬は、ひとりひとりの症状にあったものを飲むことが望まれます。大切なことは、シーズン中は薬をやめないことです。花粉の飛ぶ量は日によって、大変まちまちです。飛ぶ量が少ない日は、症状が軽くなることもあります。だからといって薬を中断すると、飛ぶ花粉の量が多くなってから、あわててまた薬を飲んでも、間に合わないのでたとえ症状が軽くなってもシーズン中は飲み続けるようにしましょう。


さて、花粉症は自然治癒が難しいと言いましたが、治癒をめざす治療として、実用的なのは「減感作療法」とか「免疫療法」とか言われているものです。減感作療法は、体の中の抗体を減らす方法です。免疫療法とは、体の免疫の状態を変えるという意味で、「体質を変える」とか「抵抗力をつける」と言い方をすればなんとなくお分かりいただけるでしょう。

 

減感作療法は治療の中で唯一アレルギーを治すことができる方法です。初期の段階で治療を始めると高い効果が期待でき、約70%に有効と考えられています。この減感作療法以外には、現在花粉症を完全に治す治療法はありません。具体的には、原因となっている抗原を少量ずつ増やしながら注射していくという方法です。アレルゲンに対する反応を徐々に弱めていく方法ですので、2〜3年の治療が必要です。症状の強い人で定期的な通院が可能な方であれば、専門医に相談してみると良いでしょう。

 

ページの上に戻る

 

■セルフケア■

花粉症を防ぐには、なるべく花粉が体内に入ってこないように工夫したり、注意する必要があります。テレビやインターネットの気象情報や花粉情報をこまめにチェックして、予防対策をとりましょう。

 

<花粉症予防対策>

1.花粉の飛散が多い日は、外出を控える。

2.ドアや窓を閉めて、花粉の侵入を防ぐ。

3.ドアや窓の開閉の際には、室内に花粉が進入するのでこまめに掃除をする。

4.外出時は、帽子・メガネ・マスク・マフラーなどを身に着ける。

5.外出したら、身体や衣服に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入る。

6.帰宅したら、洗顔やうがいをする。

7.洗濯物、布団に花粉が付着していると寝ている間に症状が悪化するので、花粉をよく落としてから取り込む。

 

一旦、花粉症になると辛い症状に悩まされます。今は健康に自信がある人も、積極的に自分にできることから取り組んで予防すること、また既に花粉症に悩まされている人も症状を緩和するための地道な努力が大切です。

 

>>財団法人 日本アレルギー学会

>>日本花粉学会

>>厚生労働省 花粉症特集

>>アレルギー情報センター

 

 

ページの上に戻る

 

 

 

 

Produced by NEO-LINK